盲ろう者とは目と耳両方に障害のある人のことをいいます。
富山盲ろう者友の会では、盲ろう者とその支援者の交流・支援活動を行っています。

富山盲ろう者友の会

本文開始

訪問者数 今日:66 / 昨日:43 / 総計:84773

お知らせ

2020/8/2 (日)

盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会 受講者募集

盲ろう者を移動介助する様子

富山県盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会の受講生を募集しています。新型コロナウイルスの感染拡大により、例年よりも遅れてのスタートです。
富山県から受託した富山県聴覚障害者協会が実施します。

  • 9月20日から11月22日までの間に7回を予定しています。
  • 講習会は2年間あります。今年は、前期・基礎過程になります。
  • 場所は、富山県聴覚障害者センターと富山市総合社会福祉センターを予定しています。
  • 検温、換気、消毒など新型コロナウイルスの感染対策を取って実施しますが、接近して行う講座があります。ご了承ください。
  • 申し込みが少ない場合は、講習会の開催をとりやめることがあります。

受講申込は8月20日(木)までに、富山県聴覚障害者協会へ、郵送またはファクスにてお願いします。

詳しいことは、下記をクリックしてください。富山県聴覚障害者協会のサイトに移動します。


2020/7/26 (日)

新規掲載

「活動の予定・報告」>「活動報告」に、

を掲載しました。


2020/7/19 (日)

7月〜8月の予定

青空のもと育つ稲

今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては、予定の変更や中止があるかもしれません。

7月26日(日)10:00~12:00
指点字サークル
富山県聴覚障害者センター
8月23(日)予定
指点字サークル
8月24(月)予定
触手話サークル

2020/4/23 (木)

5月〜6月の予定

新型コロナウイルスの感染拡大に、収束の兆しが見えません。5月、6月の定例会とサークルは、中止とします。感染状況を見て、実施可能と判断した場合には、あらためてお知らせします。

6月27日(土)
第12回定期総会

実際に集まるのではなく、書面による表決といたします。


 盲ろう者とは

盲ろう者とは、目が不自由で、耳も不自由な方です。ヘレンケラーのようにまったく見えずまったく聞こえない人もいます。 
厚生労働省が実施した調査によると、日本では1万4千人、富山県では150人ぐらいの盲ろう者がいると推計されています。

 富山盲ろう者友の会

富山盲ろう者友の会は平成21年6月に、盲ろう者・盲ろう児の福祉増進と、自立と社会参加を促進する事を目的に、盲ろう当事者を含む仲間たちで設立しました。

知られていない盲ろう者

近所の人たちや友人との会話や交流もなく、孤独な生活を送っている盲ろう者の方がおられると思われます。もし、そのような方をご存じでしたら、ぜひ友の会の事を教えてあげてください。

富山盲ろう者友の会はこんな活動をしています

定期的に定例会を計画して、学習会やクリスマス会などの交流会をしています。ぜひ、参加してみてください。定例会は毎月第2土曜日の午後に開催しています。詳細につきましては当サイトで告知いたしますので、定期的にチェックしていただければ幸いです。

自立や社会参加をめざして活動しています。役所や病院へ通訳介助員として同行もします。

コミュニケーション学習もしています。触手話、手書き文字、指点字、音声通訳など

 「友の会」では、次の活動を行っています。

 1.交流会の開催
 2.盲ろう者・児のコミュニケーション手段習得のための学習
 3.盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会の協力
 4.盲ろう者・児について、社会への啓発活動
 5.県内在住の盲ろう者・児の掘り起こし活動
 6.他の盲ろう者団体や関係機関との連携
 7.その他目的達成に必要な活動

*定例会は、毎月第2土曜日 13:00~

 詳細につきましては当サイトで定期的に告知しています。

    「正会員」「賛助会員」を募集しています

「富山盲ろう者友の会」では、上記の活動趣旨にご賛同いただき、一緒に活動していただける「正会員」、及び活動を財政的に援助していただく「賛助会員」を募集しています。詳しくはご協力のお願いをご覧ください。

 皆様のあたたかいご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

本文終了

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional