盲ろう者とは目と耳両方に障害のある人のことをいいます。
富山盲ろう者友の会では、盲ろう者とその支援者の交流・支援活動を行っています。

現在の位置: ホーム > 会の紹介 > 沿革

沿革

本文開始

友の会設立の経緯

今から数年前、全国盲ろう者向け通訳・介助者養成講習会を終了した有志が集まり、懇談してきました。当時は盲ろう者本人はいませんでした。

平成20年5月11日、「富山盲ろう者友の会設立準備会」を立ち上げ、設立に向けての本格的な準備を開始しました。

平成21年6月13日に、盲ろう当事者の九曜さんが発起人になり「富山盲ろう者友の会」が正式に設立されました。

現在

現在は、会長1名、副会長1名、事務局長1名、事務局次長1名、会計1名。その他広報部長、学習部長、リクリエーション部長の役員を中心に活動しています。

主な活動は、月1会(第2土曜日午後)、聴覚障害者センターにおいて定例会を行っています。
その他、下記の活動を行っています。

 1.交流会の開催
 2.盲ろう者・盲ろう児のコミュニケーション手段習得のための学習
 3.盲ろう者向け通訳・介助者の養成講習会の協力
 4.盲ろう者・盲ろう児について、社会への啓発活動
 5.県内在住の盲ろう者・盲ろう児の掘り起こし活動
 6.他の盲ろう者団体や関係機関との連携
 7.その他、目的達成に必要な活動

本文終了

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional