盲ろう者とは目と耳両方に障害のある人のことをいいます。
富山盲ろう者友の会では、盲ろう者とその支援者の交流・支援活動を行っています。

現在の位置: ホーム > 資料 > 富山県盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業利用のてびき

富山県盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業利用のてびき

本文開始

※このてびきは富山県が行っている事業について記載したものです。富山県以外にお住まいの方は、最寄りの盲ろう者友の会、もしくは障害福祉課等へお問い合せください。

富山県盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業の利用の手順について解説いたします。

盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業

この事業は、盲ろう者(目と耳両方に障害のある方)が、通院、買い物、イベントへの参加などを行うさいに通訳・介助員を派遣し、移動やコミュニケーションのサポートを行うものです。

利用対象者

この事業を利用できるのは次の条件を全て満たしている方です。

  1. 富山県内に居住する方
  2. 視覚障害機能及び聴覚障害機能がともに身体障害者手帳の4級以上、併せて1級又は2級に該当する方
  3. 原則として18歳以上の方

実際の利用までの流れ

富山県聴覚障害者センターに、障害の等級が確認できる身体障害者手帳をご提示ください。
利用が認められれば、通訳・介助員を派遣できます。
派遣が必要なりましたら、原則として1週間前までに、日時、場所、用件、待ち合わせ場所等を、富山県聴覚障害者センターまで、電話、ファックス、メールいずれかの方法でご連絡ください。
派遣の可否を決定し、再度聴覚障害者センターからご連絡します。

詳しくは、富山県聴覚障害者センターまでお問い合せください。

本文終了

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional